東斎釣獣戯画

ブルース・ブラザーズ


偶に結構落ち込む時がある。

そんな時は、「ニンゲンダモノ」なんて言ってみても何も変わらない。

DVDを観る。『ブルース・ブラザース』(The Blues Brothers)。

遠い昔から心の支え。今でも初めて見た時の衝撃を覚えている。
確か小学生の高学年。父と観に行った。勿論田舎の劇場なので2本立て(今はどうだか知らんけど)。もう一本の方の記憶は無い。その位の衝撃。

ブル-スモービルを車庫に入れ、エルウッドが住んでいるホテルへ。入口で、ジェイクの元カノからのランチャー攻撃。避けて、気にせず入店。
狭い部屋て寝てると、明け方、その元カノ仕掛けでビルごと爆破。
崩壊したレンガの中から何事もなかったの様に立ち上がる二人。
今風に言うと、正にcool。

今日もこのシーンを3回見た。ちょっと元気もらった。

そう言えば、元カノ役は故キャリー・フィッシャー。彼女も実生活は大変だったらしい。可憐な映像が余計に光る。
そして、もうちょっと待てばスターウォーズの8作目を観れる。歳をとったものだ。

渓で竿を振っている時、なんとなくライトセイバーを操っているイメージを持つ時がある。人類最初の道具が棒だったのでは?と思いながら、最古の趣味と言われる釣りで遊ぶ。
でも多分最古の趣味はランニングだ。

May the force be with you.


スポンサーサイト

PageTop

いきなり冬な今年の季節への鬱屈

10月頭からまたすっかり空いてしまった。

台風が来て雨が来て台風が来て、とかとかで、結局秋のオイカワ遊びは前回のエントリーで終わってしまった。

そして総選挙があり、策士策に溺れると言う言葉も勿体ないくらいのしょうもない奴らが浮き彫りになったり、全く救いようのない殺人鬼の犯行が明らかになったり、自分のことで言うと、色々疲れてたり。

昨日の朝は気分転換に竿を持たずに多摩川に。
IMG_1935.png
結構水が上がったのね、としみじみ。

そう言えば、今年は西の方で随分水の被害があった。それだけ考えると治水の必要性を考えさせられるけど、遥か遠い昔から大水は肥沃な大地に不可欠なものだったんだよな、と。色々ムツカシイ。

最近よく聞くのはメディア批判だ。特にやぱっり○日新聞はよく右の人に叩かれてる。まぁ仕方のない部分ばかりなので擁護はしないけれど、叩く人にも共感できない。
「〇ね」なんて言ってる議員からはやっぱり品性のかけらも感じられない。と思い調べたら同郷だった。凹む。

メディアなんて多かれ少なかれそんなものだと思うのだ。少なくとも今フライフィッシングで楽しんでいる人で、活字になった記事を妄信している人なんていない。
最近で言えば横綱の暴行は時間をかけて取り上げるけれど、自動車メーカーの検査不祥事は、こちらの方が遥かに生活密着型で問題だと追うけれど、さほど時間やスペースを割かれない。スポンサーがいる限り、見たい人がいる限り、メディアは真実よりも見たいものを見せ、都合の悪いものはスルーするのだ。金が絡むのだからあたりまえ。
自分だけが分かった風に声高に批判するのも品が無いのだ。

とかとか。

で、今日は日曜ながら北への出張。帰りの新幹線でふとふと年男だったことを思い出した。
酉年生まれでフライフィッシングに魅入られるなんて、と思っていたら、自分の名前に「竹」と「馬」が居た。
竹=バンブー、馬=馬素=古代のフライライン、と思ったら小さく嬉しくなった。
流石に馬の毛でラインを編む元気は無いけれど、大きめのフライのリビングにと思ったり。
確か持ってたはず。探そう。

PageTop

多摩川20171009

まぁ、確かに弟の言う通り、私のフライフィッシングの原点の一つは、近所の川でのオイカワ釣りだった。
今思うと、5番のはさすがに強過ぎだが、当時フライフィッシングの入門は、5番と相場が決まっていた。

今でも思い出すが、高校3年の秋、多分今くらいだったと思うけれど、進路とか色々思いながら、それでも魚と遊びたくて
、でも渓は禁漁なので、あの川でオイカワと遊んでいた。明日とか、明後日とか、もっと言えば来年のことなんか考えても疲れるので、馬鹿みたいに水路みたいな川でキャスティングしてた。

ところで、世の中総選挙。
何がこの国の国難かと言えば、志高く国を考える政治家が居ない事だと思う。総理大臣から自分を棚に上げて国難とはよく言ったものだ。
野党もどこも物欲しそうなのが心の中で涎を流しながら、唾を飛ばしているのが気持ち悪い。

いい加減、選挙制度そのものから変えないとこの国はひどい事になると思う。

まぁ、そんなことを言い出す馬鹿は政治家にはならんのだけど。

この3連休、昨日今日と多摩川へ。
IMG_1870.png
昨日はちょっと水が多かったけど、面白いように釣れた。
魚もサイズが良い。

気を良くして今日も。

・・・・・・・・・・・・・・・・・ムズイ。
それでも。
IMG_1876.png
釣れると引きが良い。
超楽しい。

日が暮れる間際、針を外すときに、魚の唇がちょっと大きく傷ついてこっちもちょっと暗くなって納竿。

今日のタックル。
先日買ったリール。HardyのFW DD 3000。
多分、今までの中で一番価格と性能が一致したリール。
406のラインを巻いてみた。悪いところが見つからない。

PageTop

多摩川20170930

今日で主要な河川は禁漁。本来なら土曜日にかかわらず渓に立つべきなのだが、天邪鬼な私は午後イチは原宿、その後池袋。
そして夕方多摩川。
IMG_1853.png
秋のオイカワは引く引く。楽しい。
サイズも良い。
IMG_1857.png
Noodleが良く曲がる。

秋も悪くない。

PageTop

桂20170926

いよいよ禁漁。
なんとか平日休んで桂へ。でも、平日休んでものんびり午後から出勤。
獣にならないためにも人生余裕が必要だ。説得力無いけど。

ちょっと早めに着いたので強瀬とか覘くけれど、いまいちオーラを感じなかったのでスルー。てか、最近良い思い出が無い。
どうしても良い思い出に引っ張られるのだ。

最初橋の下に行くも、浮いてる=>キャスト=>沈む、の魔のスパイラル。早々に何時もの場所。
P9260338.png
水は良い感じ。
今年は本当に精力的にこの場所に通った。ゴミが多いし汚いし、風情はないし、何より釣れない。
でも、今年はそこそこ何とか釣れた気がする。年回りなのか腕なのか。多分腕で無いな。

時間帯が良くなって。うりゃ。
P9260341.png
小さいけど嬉しい。最初から大きな魚など居ない。このサイズが居て、そして大きなサイズが居るのだ。
私は、何度かあった人として大人になるチャンスをスルーしてしまったが、彼ら・彼女らには立派な尺に成長して欲しいものだ。そして私も人としては大人になれなかったけれど、釣り師としては成長するから、尺になった来年は是非釣られて欲しい。とか。

PageTop

多摩川20170924

禁漁まであと僅かで、本当は岩魚だ山女のはずなのだが、やっぱり渋滞に巻き込まれるのはうげっとなる。

ので多摩川へ。
実は先週の日曜日、HIRANOTSURIGUさんに修理に出していたNoodleが直って帰ってきた。
ので試す意味も。

うむ、ばっちり。
IMG_1841.png

この時期、オイカワも引きが良い。Noodleも曲がる曲がる。楽しい。
IMG_1835.png

この位のが飽きない位に釣れる。

IMG_1842.png

夕暮れ時のこの色に感動。安室だ解散だ北朝鮮だと世の中五月蠅いけれど、坦々とのんびり行きたいものだ。

PageTop

桂20170922

先ずは自分への戒めとして一枚の写真。
IMG_1828.png
何の芸も無い暗い写真。

顛末はこう。

禁漁まで残りわずか。ので、午後休んで桂へ。午後休んでのパターンだと15:00には実釣開始出来る。
天気予報は16:00~雨。17:00からちょっと強そう。むしろ好都合と前向きに。

・・・・何故か現着16:00。間が悪い。
だが、天気は持ちそう。

下を覗くが、「う」ばかり。
橋の下もライズがあるが、下手なキャストですぐに沈む。うーむ。
そうこうして17:00。曇り空で光量も落ちてライズが。

そこで獣になってしまった。
釣って釣って釣りまくったが、サイズがイマイチ。ので、写真も撮らず、乱暴にリリース。前回写真に撮った以上のが欲しいのだ。記憶にも記録にも残せるのが釣りたいのだ。

狂乱。

結果、暗くなって終了。

余裕で「つ」抜けだけど、何も残せなかった。暗くなる渓で我に返って呆然となった。で、一枚。

久しぶりに分も弁えず欲望に囚われてしまった。
その間、釣ったのを思い起こせば、7寸位なのに立派な体高なのも居た。
何故あれを素敵な出会いと大切にできなかったのかと。

自分が悔しいので、ここに戒めとしてしょうもない写真を残そう。

PageTop

続けること2

いつの間にかこのblog、11年も続いていることに気が付いた。
飽きっぽいのにすげー。

継続は力なり、とは良く言うが、何の力にもなってないのは何故だ?
駄文を積み重ねてるだけなのだけど、動機があるから続くのだ。
釣りが好きだというのもあるけれど、多分これは過去へのラブレターなのだ。

ゆく川の流れは絶えずして、と、時は流れてる訳で、今この一瞬も直ぐに過去になる。

その過ぎ去った思い出達を、いやー良かったなー、楽しかったなー、悔しかったなー、悲しかったなーと自分で思い出すため、人に俺すげーと見せつけるため(年に一度も無いのが悲しい)、多分そんな事で続いているのだと思う。

実は始めてしまえば、続けることなんて簡単なんだ、と最近思う。それより、物事を終わらせるのはなるほど難しいものかも知れん、と最近良く思う。
やり始めは無様でもそれが楽しみすらあるのだけど、何かを終わらせるのはやっぱり格好良くと思うので、結果なんだか難しそうになる。

と、言う事で、フライフィッシングも当分終わらせることなく、華麗に尺達を釣り続けようと思ったりする(願望)。

なんでこんな事を書くかと言うと、ちょっと前に「続けること」のエントリーで書いたトビのフライが、前回、前々回と、地味に活躍しているから。
P9170334.png
ボディにぐるぐる巻いて、ゴールドのワイヤー(細いのを2本撚って)でリビング。サイズは#16。

ハックルは、シンプルなモノトーンのグリズリーが似合うと思う。

PageTop

桂20170914

振替で今日も平日休み。

ラストスパート。桂へ。

色々疲れているので、夕方だけとも思ったのだけど、同じことを繰り返しても詰まらないので午後一杯遊ぶことに。

支流、後、何時ものポイントの予定。
P9140317.png
コスモスを見ると、禁漁間近を感じさせる。

有望支流を各所のぞきながら、美味しそうなところだけやってみるけれど、皆小さい。
それでも、初めてのポイントとか、やっぱりドキドキ感がたまらない。

で、何時もの場所。16:00。
橋の下、良さげなのが定位しているが、ライズなし。
前回のポイントへ。
P9140322.png
こんなのが5~6匹、良い感じで釣れる。あんまり大きくないけど、満足。引くし。

暗くなってきたしもう良いか、とか思っていると、27cm位のが。不意を突かれ、ドタバタして、結局取り込み間際にバラす。
くそー。悔しくて、某K坂のセンターみたいに「うわー」と叫んでみる。
世界には愛しかない、とは最近の不倫報道を見てるとそうかもと思うけれど、国際情勢を見るとそんなこともないよな、と。

破れかぶれで、帰りがてらに小場所で。
P9140330.png
イマイチ細いけれど満足。

PageTop

剥離2017秋

前回の桂釣行で何か足元に違和感。
うげっ。
P9090316.png
6月に下ろしたばかりなのに・・・・・。

昨日、多摩川でオイカワ遊び。
Noodleで何匹か釣った後、竿に違和感。
うげっ。
P9090315.png
またかよ。
へこむ。

ウェーディングシューズは、自分で何とかするとして(でも多分長持ちはしない)、NoodleをまたDKに送るのは面倒だ。
で、そっちはHIRANOTSURIGUさんにお願いすることにした。心強い。早速今日AM浮間舟渡へ。

こんな小さなトラブルは、大きなトラブルの前触れかもしれんので、ここしばらくは慎重に行こう。

ところでこの週末、TVのニュース総括は、某保育園落ちた日本死ね女性議員さんと某弁護士さんのばかり。
倫理だ資格だとか五月蠅い。いいじゃん、恋に落ちちゃったんだから。
ホテルに何時間一緒にいたとか、その情報、要らない。
恋に落ちてたら、5分もあれば何処だって何だってできる。どっかのトイレでも、それこそ人気のない階段の踊り場でも。

決して擁護するわけではないけれど、つまらない情報は要らない。

「一線」で言えば、遠い昔、まだ二十代後半だった頃、当時多分還暦になるかならない職場の先輩に、どこから浮気か聞いたことがあるが、その答えが衝撃だった。
「二人で一緒に焼き肉行ったら。」

で、今日の夕方も多摩川へ。釣れたけどなんか小さい。

ので、写真は昨日の奴。
P9090312.png

PageTop