東斎釣獣戯画

要しない事

要するに、とか言う言葉に反応する。

本当に「要」しているのか、結構大抵怪しい。

「要」することで、結構悦に入ってる奴は多い。一見頭が良さそうに見える。
だけど思う。例えば上手く「要」したつもりになって、実は大事な事を見落として無いか、とか。物事を単純化する事と簡潔に表すことは微妙に違うと思う。「要」した事位で「本質」を見極めた風に思うのは、なかなか危険と思う。

昔、〇日新聞の社説で、何に対してだかすっかり忘れたけれど、それは「枝葉だ」と断じていた。
いやいや、「枝葉も」「本質も」俺には大事な事なのだよ。

ふとふと、偉そうに「要」する奴は多分良い魚が釣れない奴と思った。良い魚は、「本質」も「枝葉」も「要」する事無く飲み込める奴に釣れるのだ、と、なんとなく。


昨日は結構な雪が降った。
多摩川が青く流れてた。
IMG_2118.png

渓に行きたひ。

スポンサーサイト

PageTop

昨年末のお買い物

全く今年の新春テレビ番組は、壊滅的にツマラナイ。
テレビ東京の新春時代劇の復活が切に待たれる。

ちなみに私の中の新春時代劇の最高傑作は、壬生義士伝で、DVDも買ってしまった。
そう言えば、と、昨晩観たら案の定ぼろ泣きした。
パッケージを見ると、2002年とあった。うーむ、随分と時が過ぎたものだ。キャストを見ると、何人か故人の名前も。

まぁ、時代劇は別としても、民放TV局屋さんもそろそろ真剣になって欲しい。
確かにスポンサーとか利害関係が薄いとは言え、いい加減相撲暴力ネタはやめて欲しい。

と、言うわけではないのだけれど、年末の買い物その1。
フライフィッシング用語辞典。川野氏の大作。今頃買った。
そんなの買わなくても結構知ってるし、逆に買ってまで知らなくても、なんて馬鹿な格好をつけてしまっていた。

ちょっと前のエントリーで、ネーミングの話でコンパラダンに触れた。でも、直後、そう言えば「コンパラ」て何だ、と。
で、池袋サンスイへ。
まだあった。それも厳重に透明な袋に入って。
が、
P1050414.png
えー、見本売っちゃうんだー。道理でちょっと汚れてる訳だ。まぁ、今頃でも買えたから良いとする。
中身の方が大事だし。

曽田正人氏の昴、続編のMOONと言う一連の漫画が好きなのだが、その中で「知らないことがCOOLだとでも?」と言うセリフがある。知らない事は格好悪いのだ。そして知ったかぶりはもっと格好悪いのだ。

年末買い物その2。
P1050415.png
TechnicsのOttavaフォルテ。
結構前のエントリーでも触れたが、昨年突然バッハの雷に打たれた。
以来、CDを大人買いしながら、通勤時に愛用のRHAのイヤホンでせっせと聴いていた。
そうすると欲が出るもので、他のクラッシックでも良いのがあるのでは?とクラッシック全般に。

だんだん家でも聴きたくなり、でも本格オーディオまではなー、置き場も無いし、とかが選択の理由。

バッハ聴きながらタイイングして、フライの品がちょっとでも良くなれば、まぁ安い買い物になるはず。
きっと、多分。

PageTop

2018

新年あけましておめでとうになってしまった。

一年と言う区切りで見てみれば、色々と思い残すことばかりだったけれど、そう言う後悔の連続で自分の人生が彩られてることもまた事実なんだよな、と。

昨年の反省とか、時事ネタ総括とかは、まぁきが向いたときにするとして、元旦から多摩川散歩。
spmoon20180101.png
随分月が綺麗だなと思ってみてたら、明日がスーパームーンらしい。

明日がどうなのかなんてどうでも良い。今日、綺麗な月が見れた、が今の私だ、とか。

PageTop

初台の湧水


パワースポットと言う言葉は、なかなか軽薄な組み合わせであるが良く出来ていると思う。すっかり定着した感じから、やっぱり安直でシンプルなのは強い。
例えばコンパラ・ダンのウイングを当時出たてのCDCで巻いて、CDCダンと名付け、悦にいるのはあまりに芸がない。誰でもすることだ。まぁ芸の無さをあえて芸にするのもある意味芸な訳で、何でもやってみるものだと思わせる。

都内にも何ヶ所か有名処があるが、高尾の薬王院とか先日エントリーした明治神宮とか誰でも言いそう。

今日は週末の土日工事に備えて休んで、最近雑誌で知った初台の湧水へ。
1513238811.png

言い方が悪いけれど、正直思ったより全然しょぼい。ただ逆にそれが良い。何だ、このささやかなたおやかさ感。

忍野とか柿田川とか、去年の工事でもうなくなったけれど近所の多摩川の伏流水の湧いてるところとか、他も色々知ってるけど、少なくとも自分的には行くだけの価値はあった。
落ち込んだ時、多分もう一度行く。

PageTop

せっかち


富岡八幡で起こった凶行は、まぁ良くあるおぼっちゃまの逆恨みとしては悲しい結末になったが、問題はそこの大漁祈願のお守りを二つもベストに装着している俺だ。
外したものかそのままか。まぁ人は人、神は神、と割り切るか。どちらにしも、日本の神はもともと移り気なのが良い。

遠くカナンの地でも、米国身勝手首都認定で荒れてるらしい。あちらの神は、なかなかに思い込んだら試練の道なので困る。分け合うことが、共有しあうことが文化の始まりだと思うのだけれど、皮肉なものだとも思う。

で、今日は、買い物ついでに明治神宮。

清正井。
東京に何か所かある湧き水で一番有名なとこ。
IMG_2002.png

こんこんと湧いてる。

ちなみに指摘されるまでもなく写真が下手だ。のでいつも使っているコンデジだと直ぐフィルタに逃げる。
原因は分かっていて、せっかちなのだ。被写体を前にして、あれやこれや設定してらんない。とにかくシャッター。

これはライズを前にしても同じで、ライズ・フォームを見てとか、流下がなんだとか、考える前にキャストするのと同じ。

下手な写真を撮るのが俺だし、たまに良い魚を釣るのも俺だ、とか。




PageTop

紅葉2017

なんだか最近また偽装だ改竄だと五月蠅い。しみじみと情けない。

色んな歪みの結果なのだと思うけれど、いつの間にこんな国に。企業も個人も誇りを無くした結果なのだと思う。

ちょいちょい前、なんとかファンドだ、〇えもんだ、の頃、会社は誰のものだ?、株主のものだと会社法上当たり前のことを騒いでいたけれど、何か違うと思っていた。

法律上とかそう言う事ではなく、会社はみんなのものなのだ。
勿論株主のものでもあるけれど、社員のものでもあるし消費者のものでもある。皆に愛されるから会社として成立しているのであって、株主なり社員なり消費者の誰かが愛さなくなった会社は、やっぱりそういうことになるのだと思う。

全く目先の金でねぇ。関係者、多分皆セコイ。
一つ強く言えるのは、そういう会社は、株主がへぼいのだ。NETで調べてメモしとこ。

まぁ、それはさておき、昨日は高尾山、今日は生田緑地で紅葉を堪能。

PC020391.png

天気も良く、高尾山はどこを見ても綺麗だった。
頂上からは、双眼鏡で橋本の勤務地も発見。小さく嬉しい。

PC020390.png
ちょっと自撮り。地面も楽しい。

生田緑地も負けていない。
PC030401.png
メタセコイア。

こんな風景がすぐそこにあるのが嬉しい。

PageTop

ブルース・ブラザーズ


偶に結構落ち込む時がある。

そんな時は、「ニンゲンダモノ」なんて言ってみても何も変わらない。

DVDを観る。『ブルース・ブラザース』(The Blues Brothers)。

遠い昔から心の支え。今でも初めて見た時の衝撃を覚えている。
確か小学生の高学年。父と観に行った。勿論田舎の劇場なので2本立て(今はどうだか知らんけど)。もう一本の方の記憶は無い。その位の衝撃。

ブル-スモービルを車庫に入れ、エルウッドが住んでいるホテルへ。入口で、ジェイクの元カノからのランチャー攻撃。避けて、気にせず入店。
狭い部屋て寝てると、明け方、その元カノ仕掛けでビルごと爆破。
崩壊したレンガの中から何事もなかったの様に立ち上がる二人。
今風に言うと、正にcool。

今日もこのシーンを3回見た。ちょっと元気もらった。

そう言えば、元カノ役は故キャリー・フィッシャー。彼女も実生活は大変だったらしい。可憐な映像が余計に光る。
そして、もうちょっと待てばスターウォーズの8作目を観れる。歳をとったものだ。

渓で竿を振っている時、なんとなくライトセイバーを操っているイメージを持つ時がある。人類最初の道具が棒だったのでは?と思いながら、最古の趣味と言われる釣りで遊ぶ。
でも多分最古の趣味はランニングだ。

May the force be with you.


PageTop

いきなり冬な今年の季節への鬱屈

10月頭からまたすっかり空いてしまった。

台風が来て雨が来て台風が来て、とかとかで、結局秋のオイカワ遊びは前回のエントリーで終わってしまった。

そして総選挙があり、策士策に溺れると言う言葉も勿体ないくらいのしょうもない奴らが浮き彫りになったり、全く救いようのない殺人鬼の犯行が明らかになったり、自分のことで言うと、色々疲れてたり。

昨日の朝は気分転換に竿を持たずに多摩川に。
IMG_1935.png
結構水が上がったのね、としみじみ。

そう言えば、今年は西の方で随分水の被害があった。それだけ考えると治水の必要性を考えさせられるけど、遥か遠い昔から大水は肥沃な大地に不可欠なものだったんだよな、と。色々ムツカシイ。

最近よく聞くのはメディア批判だ。特にやぱっり○日新聞はよく右の人に叩かれてる。まぁ仕方のない部分ばかりなので擁護はしないけれど、叩く人にも共感できない。

メディアなんて多かれ少なかれそんなものだと思うのだ。少なくとも今フライフィッシングで楽しんでいる人で、活字になった記事を妄信している人なんていない。
最近で言えば横綱の暴行は時間をかけて取り上げるけれど、自動車メーカーの検査不祥事は、こちらの方が遥かに生活密着型で問題だと追うけれど、さほど時間やスペースを割かれない。スポンサーがいる限り、見たい人がいる限り、メディアは真実よりも見たいものを見せ、都合の悪いものはスルーするのだ。金が絡むのだからあたりまえ。
自分だけが分かった風に声高に批判するのも品が無いのだ。

とかとか。

で、今日は日曜ながら北への出張。帰りの新幹線でふとふと年男だったことを思い出した。
酉年生まれでフライフィッシングに魅入られるなんて、と思っていたら、自分の名前に「竹」と「馬」が居た。
竹=バンブー、馬=馬素=古代のフライライン、と思ったら小さく嬉しくなった。
流石に馬の毛でラインを編む元気は無いけれど、大きめのフライのリビングにと思ったり。
確か持ってたはず。探そう。

PageTop

多摩川20171009

まぁ、確かに弟の言う通り、私のフライフィッシングの原点の一つは、近所の川でのオイカワ釣りだった。
今思うと、5番のはさすがに強過ぎだが、当時フライフィッシングの入門は、5番と相場が決まっていた。

今でも思い出すが、高校3年の秋、多分今くらいだったと思うけれど、進路とか色々思いながら、それでも魚と遊びたくて
、でも渓は禁漁なので、あの川でオイカワと遊んでいた。明日とか、明後日とか、もっと言えば来年のことなんか考えても疲れるので、馬鹿みたいに水路みたいな川でキャスティングしてた。

ところで、世の中総選挙。
何がこの国の国難かと言えば、志高く国を考える政治家が居ない事だと思う。総理大臣から自分を棚に上げて国難とはよく言ったものだ。
野党もどこも物欲しそうなのが心の中で涎を流しながら、唾を飛ばしているのが気持ち悪い。

いい加減、選挙制度そのものから変えないとこの国はひどい事になると思う。

まぁ、そんなことを言い出す馬鹿は政治家にはならんのだけど。

この3連休、昨日今日と多摩川へ。
IMG_1870.png
昨日はちょっと水が多かったけど、面白いように釣れた。
魚もサイズが良い。

気を良くして今日も。

・・・・・・・・・・・・・・・・・ムズイ。
それでも。
IMG_1876.png
釣れると引きが良い。
超楽しい。

日が暮れる間際、針を外すときに、魚の唇がちょっと大きく傷ついてこっちもちょっと暗くなって納竿。

今日のタックル。
先日買ったリール。HardyのFW DD 3000。
多分、今までの中で一番価格と性能が一致したリール。
406のラインを巻いてみた。悪いところが見つからない。

PageTop

多摩川20170930

今日で主要な河川は禁漁。本来なら土曜日にかかわらず渓に立つべきなのだが、天邪鬼な私は午後イチは原宿、その後池袋。
そして夕方多摩川。
IMG_1853.png
秋のオイカワは引く引く。楽しい。
サイズも良い。
IMG_1857.png
Noodleが良く曲がる。

秋も悪くない。

PageTop