FC2ブログ

東斎釣獣戯画

桂20190417


土曜日に新しい車が来た。
今度の車は、見慣れないスイッチが多い。ので、その土曜日は説明書を読んで過ごした。
で、日曜日は走りに。
IMG_2932.png
素晴らしいの一言。
これに乗っちゃうと、5代目レガシーの駄目だった所がくっきりしてしまった。

手抜きの無さとか拘りとか、モノづくりへの愛情と苦労と達成感を感じる。
こりゃ、東北に行くのが楽しみだわい。

仕事で色々むしゃくしゃしたので今日は有休休暇。
だけれども、天気も良いので昼間は都内で遊んで夕方だけ。
P4170941.png
走りが良いので、道のりも苦にならない、てか、楽しい。

問題は魚・・・・・・。

ハッチはまぁまぁだけど散発ライズ。・・・・・釣れん。

最後に何とか。
IMG_2935.png
うーーむ。

帰りは初のライトをつけての高速道路。
走りから何から素晴らしい。

スポンサーサイト

PageTop

のりかえ

どこかの副大臣が「忖度」発言で辞任したり、どこかの大臣が抜群の調子の乗り具合で口を滑らし更迭とか、いやはや我が国の国会議員は一体どうやって選出されているのやら・・・・。
ちょっと前にT京新聞の女性記者と官房長官のやりとりで、記者が「国民を代表して質問を」に対して、官房長官が「国民の代表は国会議員だ」ときっぱりと答えていたのが印象に残っている。
記者の方も突っ込みどころ満載だけど、国会議員の方にも、そりゃそーなんだろうけど、と言いたい。
どうしたって今の国会議員の選挙制度では、その地元の代表としての国会議員じゃないの、と。
そろそろ、「地元?日本だよ」と言える国会議員選出方法に切り替える時代なんじゃないかな。

とかとか、ぶちぶちと思っている内に愛車との別れの時が。
P3140838.png
ちょいちょい前に買い替えを決断。
本当は、先週の水曜日をこいつとの最後の釣行にしようかと思っていたのだけど、雪で挫折。
納車以来、色々間が合わない関係だったが、やっぱりたくさん釣りに運んでくれたので感謝しかない。

ありがと。



PageTop

桂20190407

ちょっと曇るかも、に期待して行った。

快晴。えーっ。

散発ライズ。・・・・・釣れなかった。

IMG_2902.png

まぁ、花見に行ったのだ、と言う事に。

PageTop

春の箸休め2019

大勢の人を前に調子に乗って忖度発言の副大臣が辞任だそうだ。
上手い事を言おうとして失敗する人特有の何かがある。うぅむ、品性とは売っていないだけに自分で磨かねば、だな。

今年の春の釣りはなかなか良い感じだ。釣れたり釣れなかったり、そんなのが楽しいのだ。
だけど、そればっかりでも、と息抜き箸休め。

午後休んで駒込へ。
P4050912.png
ソメイヨシノの発祥の地と言われる。
こんな季節だから、と。
P4050908.png
今年は咲き始めてちょっと寒くなったせいか、なかなか長く楽しめる。

ついでに欲を出して六義園の枝垂桜。
P4050918.png
全く、今年は季節が早いのか遅いのか。
来年はちゃんと行こう。

ところで、FlyRodders誌(複数形だったのね・・・・・・)の地球丸倒産は何度か書いたけれど、誌のお蔭で自分で作る事を思い出した事は忘れたくはない。
ランディングネットもそうだ。
最近だと、ダビングツイスターも作ってみた。
IMG_2805.png
備前氏が雑誌とかでマタレリのを紹介して、つるやのハンドクラフト展のデモでも使ってる。
欲しいと思ったけれど、どこでも入手できず。ので自作。
ステンレスの棒をリューターで削って、曲げて。

もうちょっと工夫が欲しいけど、なかなか重宝している。

PageTop

桂20190330

前回の釣行、確かに良い経験で、勉強になったけれど、やっぱりランディング出来たのが一匹は寂しい。
正に忸怩たる思いだ。

あんまり悔しいので、木曜日の出張の帰りに渋谷サンスイでホイットレーの薄型EGフォームのを頼んでしまったくらいだ。←意味不明。

ところで、ティムコも50周年だそうだ。同い年。
ホイットレーのアニバーサリーのボックスに期待したけれど、何故に薄型のEGフォームもラインナップにしなかったのか。箱の色が良いだけに余計にそう思う。

で、今日も行く。限りなく雨予報の曇りだから。
P3300876.png

先日のポイント。散発ライズ。
P3300869.png
幸先良く。
何時ものラフィアのDDパターンで。嬉しい&俺、やるぅ。
けど、その後が続かない。
早いのか?
ちょっとライズ待ちするけれど、待ちきれなくて下流へ。足で稼ごう。

前に良い思いをした橋の下には先行者。ので、途中の瀬を眺めると、奥で小さなライズ。
P3300883.png

勿論今日の俺は取る。
アピールを考えてクリップル。
P3300887.png
良い引き。そして美しい。超楽しい、嬉しい。
そう言えば、この川に通い始めた頃、忍野の故渡辺さんに偶然会ったのもこの辺だったなと思い出す。あの時は、檄渋の中あの石の辺りで運良く小さいのが釣れたっけ。

変な自信をつけてまた戻ってDDとクリップルで同じ位のを二つ拾う。超満足。
P3300896.png

もうすぐ平成も終わるというのに、てか、やっぱりそんなの関係なく渓は良い。
P3300897.png

2時を過ぎたら予報に反して急に晴れてきて、ライズも無くなり撤収。

その後、渋谷のサンスイで頼んでたフライボックスを買う。我ながら何やってんだか。

PageTop

桂20190323


最後のFlyRodder誌をしみじみとみてみると、創刊当時の軽さが若干なくなり、それなりにバランスが取れているように思う。残念だ。今思うと、好き嫌いはあると思うが、あの軽さもあの時代には必要だったのだ。
今はNETがあるから雑誌なんか見ない、って人もいるけれど、買わないまでも立ち読みはする。「見ない」と訳の分からない格好をつけるよりも、アンテナだけは張っていたい。提灯記事だろうとなんだろうと、ちゃんとした書き手の思いは絶対に何かあるはず、と。

土曜日だけど荒れる天気予報。行くしかないじゃないか。渋滞上等。何かを変えないと前と同じ結果のはず。

そう言えば忍野も都留漁協区域も解禁した。人も若干減ってるはず。3/15からが桂川漁協の本当の姿なのだ。

10:00、川に降りる。先行者が居るっぽいので先ずは橋の上の崖ポイントを覗く。居る居る、浮いてる。こりゃ期待できそう。
そこは釣れなかったら最後の手段として下流へ。

前から気になってる小場所脇を過ぎようとしたその一瞬、小さなライズが。
良く見てみると結構ライズしている。小さすぎるライズだけど、サイズは良さそう。
一瞬色気を出して本命ポイントを覗くがライズ無し。今日は小場所で楽しむことに。
P3230857.png
・・・・・・・・・・・・・・・難し過ぎ。何なのよ。
すげー教育されている。ちょっとでもドラッグが掛かるとシカトするし、出てもがっぷり行かないのですぐに天晴なローリングでバレる。
悶々とライズを前に久しぶりに熱くなる。5回はバラした・・・・・。それも9寸位の。今思い出しても悔しい。
こちらの熱さとは裏腹に気温は下がる。寒い。雨も。
だけど逆にハッチは盛り上がる。色んなのがポツポツと水面を賑わす。
で、そのドサクサでやっと。
IMG_2830.png
見とれる姿。
そう言えば、このネットを作る気になったのはそれこそFlyRodder誌の特集だった。
別の某T人社の雑誌ではやらない企画。

いやー、それにしても色々勉強になった一日だわい。
巻かねば。

PageTop

桂20190314

白日。でも渓へ。其れが俺。

・・・・・・・・・・・・・えぇ、釣れませんでした。
なんで?

季節が早いのかねぇ。

ところで、フライ・ロッダー誌で知られる地球丸社が倒産だと。うーむ。

何冊か買ったことあるけれど、ムラが激しいと言うか何と言うか・・・・。

結局のところ、NETだなんだは言い訳だと思う。
面白い雑誌は売れるし、つまらない雑誌は売れない。NETでも、面白いサイトはアクセスが伸びるし、つまらないサイトは・・・・・、あっ、ここ?

PageTop

桂20190309

良い思い出には引っ張られるもの。俺みたいに単純なのは余計に。

前回の解禁にしては良い釣りの思い出に簡単に引っ張られて桂へ。

前回は昼まで良いライズがあちこちにあった。ので助兵衛根性丸出しで早起きして渓へ。

・・・・・・・・・・・・・・しーん。
あちこち覗くもどこも一緒。
P3090834.png

どうやらピーカンの天気が悪いらしい。ハッチはたまにちらほらなのに肝心のライズが無い。

11時くらいまで待つも何もない。多分これは夕方が良いパターンかもと、取り敢えず支流で時間をつぶそうかと思ったけど、どこも人だらけ。うーん。

面倒になって昼で終了。

まぁ、こんなもんか。

PageTop

2019解禁桂

遠く南の島、基地の島での住民投票は思った通りの結果に。何故そんなことしたのか意味が分からん。
何時から民主主義はイコール多数決になったのか。多数派が民意なのか。そもそも、全国区の民意の政権与党に小さな島の民意。
複雑な問題を簡略化して分かった気に、纏めた気になってはいかんと思う。

解禁から6日。やっと渓に立てた。
今年の初桂。

去年がさっぱりだっただけに、今年もダメかと想像。大水三年の法則からすると来年爆発予定?とかとか。取り敢えず渓に立たねば。

現着10:30。ライズ発見。悪くない。
テンカラの人と情報交換。今年は悪く無いらしい。

何時ものポイントにもライズ。
P3060802.png
・・・・・・・弄ばれる。

その後、下流でも。

再び戻って流れ込みのライズ。ガガンボパパターンで。うりゃ。
P3060810.png
桂らしい幅広。ぐいぐい引く。浮いてこない。愉しい。

ストマック。
P3060813.png

その後、ライズがピタッと止む。・・・・・・・・・・・・・・うぐ。

替わりに猿。うーん。
P3060819.png



破れかぶれで鉄橋の下。
良いライズ発見。
IMG_2813.png
遠いので視認性優先のパラシュートで。
こちらは多分放流ものだけれど、嬉しい。

そんなこんな、夕方まで楽しめた。今年は楽しみだわい。

PageTop

ハンドクラフト展2019

いちいち書くのがうんざりする位嫌なニュースばかり。うぐぅ。

フライの方もなんとなくタイイングに精が出ない。
久しぶりに出たフライフィッシャー誌も買ってはみたものの、真新しさが無い。
もういい加減「名手」とか言うのもどうかと。
季刊誌しかないこの趣味、今でもやってるのは、皆すげー人ばかっりだってーの(俺は・・・・除いてくれ)。
それに比べると、フライの雑誌誌の「隣人」はなかなかの表現だと思う。
何時までも立ち位置を変えないから読者が釣れんのだよ、とか。

ちょっと刺激が欲しいけど、でも期待せずに例年のハンドクラフト展。
浅草へ。
IMG_2801.png

ここの所、なんだろ、皆さんの高齢化ばかり気になって(勿論自分も加齢してるのだけど)、この釣りの閉塞感を感じるのが多かったのだけど、今年は何か違った。

先ず備前氏の所で食い入るように見ていた、八王子から来てたらしい若者二人。高校生?
他にも、備前氏と握手していたフライ初めて1年の若者。

こう言うの、嬉しい。・・・・・・歳をとったものだ。

でも、俺もまだまだ行こうかと。
モチベーションのために購入。備前氏の羆のフライ。
IMG_2802.png

なかなかの迫力。
でも、俺は、先ずは近場用の小さいのからだな。

PageTop