東斎釣獣戯画

桂20170523

再び振替でお休すみ。

そりゃ今までの経験で、桂で続けて良い思いが出来ないことは重々承知しているが、引き続き体調不良。とてもとても東北には行けそうもない。

前回同様イブニングに賭けても恐らく外れる。
仕方が無いので、日中は忍野、のち本流イブニングの計画。

忍野昼着。
やっぱり綺麗な水と緑に癒される。
P5230466.png

昔で言う釣り堀裏でユスリカパターンでヤマメやらニジに遊んでもらう。てか、いつの間にか釣り堀が無くなっていることにびっくり。

で、本流に16:00着。イブを待ちながらあちこち覗くもハヤばかり。
うーむ、でイブもハヤばかり。
なんでだろ、年に何回かは全くヤマメの気配が消えてハヤばかりになる。

傷心のまま夕暮れ。
P5230473.png
何も無い殺風景さにも癒される。癒される傷が違うんだろう。

ところで、季刊誌化の噂のこの釣りの雑誌が普通に売ってて、そんな記事も見当たらなかった。がせ?

スポンサーサイト

PageTop

桂20170517

日曜日働いたので振替で休日。T沼予定だったけれど、昨日から喉が痛い。頭も若干痛い。
ので、寝てる・・・・訳にはいかない。渓に立ちたいのだ。

昨日でも明日でもなく今日なのだ。
「後で」とか「次」とか「また」なんて言ってられない。
行かない、やらない言い訳なんて幾らでも出来る。中央が集中工事中だから、とか。でもそういう事じゃ、色々ツマラナクなるのだ。

とは言え明日も仕事なので無理せず桂へ。取り敢えず昼出発。
渋滞もさほどでもない。

現着15:00。上流も下流もライズ無し。うーむ。
曇りだし、アカマダラだらだらライズありの夢はとっと消えた。

暇なので蜘蛛の写真。
P5170431.png

その後、小場所で怪しげなライズがあったが、超散発。早々にあきらめる。
愛するに時があり、失うに時があり、生るるに時があり。待つのじゃ。

で、何時もの場所でライズ待ち。17:45やっとライズ。
P5170437.png
ハッチは分からんがBFダンで。
ネットの内寸サイズ。引く引く嬉しい。
綺麗な魚体なのでストマック無しでリリース。

その後も散発ライズで遊ぶもなかなか乗らずに本格的に暗くなる。

このまま終わっても良いのだけれど、小場所が気になる。
行くと小さなライズ。うーむ。
それでもティペットを替えパラシュートを。

うおっ!!
P5170455.png
超引く引く!俺すげー。
測ると29.5cm。何度測っても30cmは絶対に無い。でもでも超嬉しい。この体高。見とれる。

丁寧に今を生きると、良い事があるのだ。明日もそう信じて生きていけそう。とか。

PageTop

とび

P500396.png

この間の桂で拾ったトビの羽。
程度が良かったので持ち帰った。

とりあえず熱湯で消毒して、蒸気を当てながら再整形した。まぁボディに使うので整形は気分の問題だけなのだけど。

実は首ぐるぐる事件の日、好きなプールの下流の瀬の脇にお猿さんのご遺体も見つけていた。
その時はその毛の塊のようなものの正体が良く分かってなかったのだが、その次の釣行で再度見て遅まきながら正体に気が付いた。

そして人気がなくなるとトビがそこに降りて啄ばんでいた。
不思議なことにカラスは見なかった。

何だかんだ釣行の度に気にして、結局骨になり、それも何処かへ消えてしまうまで見てたのだけど(この心理が何なのか自分でも良く分からない)、うむ、自然にはなるほど無駄が無いものだ、と。

そんな思いがあったので、この羽も毛ばりになってもらおうかな、と。

人生も失敗や後悔ばかりだけど、そんなのも無駄にはしないように、なんちゃって。

PageTop

忍野20170507

この連休最終の土日はもともと仕事予定だったのだが、上手い事に昨日で終わったので、何かのオマケのように本日は休める事に。

幸い渋滞予報も大した事無いが、何時もの辺りでは厳しそう。ので、万感の思いをこめて思い出の聖地忍野へ。
P5070422.png

そう言えば、今やこの趣味唯一の月刊誌が次号を最後に季刊誌になるとの噂が。90年代後半のこの釣りの全盛期を知っているだけに、やはり寂しさは感じる。
とは言え、自分も実は最近あまり買っていなかった。
北海道や海の記事が増え、突然今更初心者向けの特集だったり、なんだろ?読者を見失っているような感じ? 一つ一つの記事の質(写真も含めて)は今でもやっぱり高いと思うけれど、妙な空回り感があった。

それは兎も角、忍野も全盛期と比べるとすっかり落ち着いて、そう言えば自衛隊橋からずっと路駐の車がずっと坂の上まで続いてたっけと。
P5070417.png


久しぶりに見る流れは、やっぱり綺麗に澄んでいて、甘くやさしく感じた。もっと梅花藻も復活すれば、なんて贅沢か?


釣堀から自衛隊橋までざっと見たけれど、たいしたハッチも無く、どこも散発ライズのみ。
P5070424.png


とりあえず一番活気のあった釣堀裏で釣れない(色んな意味で「つれない」)ヤマメに遊んでもらった。
釣れなくても余裕があるせいか、久しぶりにコケ類のアップを撮ってみたりして。
P5070426.png

ここ最近ずいぶん足が遠のいてしまっていたけれど、やっぱり忍野は癒しの流れだと再確認。思い出に縛られること無く、また来よう。

PageTop

多摩川20170505


休みの都合で、自分的にはGW最終日。
何処か出かけようとか思ったけれど、渋滞予報で挫折。

家でゴロゴロするも、改憲だなんだのニュースに疲れて、なんとなく夕方多摩川へ。
オイカワで遊ぼうかと思ったけれど、#22の針にティペットが通らず挫折。シニアグラスを忘れたのはおいといて、この時期まだオイカワも小さいので、と空しく強がってみる。

そんなのも夕暮れ時の川辺の気分の良さにどうでも良くなる。
P5050400.png

なんだか分からないけれど、暖かい日の夕暮れ時の多摩川は、子供の頃遊んでいる時に嗅いだ匂いがするんだよなー。40年近く昔の、250キロ位離れた場所なのに。

PageTop

高尾山20170430

色々あって、メランコリックな気分のままGWに突入してしまった。「色々」の部分の自分の力不足を嘆いていても仕方が無いけど、こんな気分のときに渓に立てないは辛い。
代わりに山へ。
高尾山。
近くて気軽。電車を降りてバス無しで行けるのが好ましい。コースによっては雰囲気も良い。
で、好きな6号コースで頂へ。
ここで初めて富士山が見れた。嬉しい。何の御褒美だ?
P4300377.png

調子に乗って小仏峠まで歩く。
途中見えた相模湖の風景。
P4300391.png

登山も人生も行きつ戻りつ、まぁ諸々後悔はするのだけれど、胸だけは張っておこう。

PageTop

桂20170427

GW目の前にしてムカつくことイラつくことが重なった。
のでズル休みして川へ。

前回の感じからして良くない事は分かってる。もう春先の釣りは終わった感じ。
それでもGWの渋滞を越えて川には多分行かないので、今日川に立つのだ。
10時からぽつぽつとモンカゲがハッチするもライズ無し。まぁそんなもん。ここでモンカゲのライズを見たことが無い。
で、小さいので。
P4270349.png
あとは小さいのに散発ライズする奴らに昼過ぎまで遊ばれて終了。
歯医者の予約があるので早めに撤収。

イマイチ釣れないけれど、色んなことがあるけれど、それでもやっぱり川は良い。

PageTop

桂20170422

色んな事に何となく区切りがついてのここ最近。
あの風景に再び身を置きたくなる。本当は平日が良いのだが、来週まで待てない。
のでこの土曜日。
気候も良いし、皆もっと良いところに行ってるはず。

9:30現着。車4台あり・・・・・。多摩とか横浜ナンバー。
長いプールに5人並んでるし。うげー。何年かぶりの光景。忍野か?
そっかー、来週GWだから、取り敢えず今週は近場で、と言う事か?

仕方ないので下流に。
P4220335.png
・・・ライズも無く沈黙。

上流へ。
先行者と情報交換すると、こちらもライズが殆ど無いらしい。
あきらめて帰ろうかと迷うが取り敢えず魚を釣りたい。体力的には自信が無いが、あのポイントへ。
もちろん忍野ネットも持って。

尺がらみ2バラシ。うぐ。
足場が高いし、取り込むためにちょっと岩場を滑り降りないとならんし、かけた後が超ムズイ。
大体ここの大きい奴は針の外し方知ってるっぽいし。

それでも。
P4220337.png
忍野ネットで撮るとそうでもないけど、これでも28cmあった。嬉しい。

あちこち痛くなったので昼で撤収。

PageTop

桂20170414

前回のがあまりに悔しいので、休んで川に。
P4140304.png
桜も満開。

でも、なんだろう、この区間が大好きな理由の一つになんとなく感じる寂しさのようなもの。例え桜が綺麗でも、やっぱり何処か物悲しく感じる。以前草ぼうぼうだった時も、すっかり石の河原になった今も。
P4140321.png

その風景に一人でいると、しみじみとほっとする。

しかし、今日は釣るのだ。
10:30ライズ発見。
P4140307.png
勿論釣る。今日の俺は違う。
P4140312.png
真ん中へんのアントパターンがフライ。
フライも合ってる。カンも良い。
その後昼過ぎにライズがひと段落するまでに同じ位の4つ。嬉しい。

試しに他の有名ポイントも覗きに行ってみるが、どこもライズ無し。再び戻る。

バラしたりぼーっとしたりでイブニングまで遊んでしまった。
P4140325.png
暗くなってきて、こんなのがライズしててなかなか難しかったのだけどなんとか。
ストマック。
P4140329.png
以降BFダンでプチ爆釣。

まさにこれがサラリーマンのストレス発散的フライフィッシング。

家に帰ってなんか腕が痛いと思ったらスゲー日焼けしてた。もう歳だし気をつけねば。

PageTop

まちかん

政権政党に教育勅語賛成するのが多いのが分かってきて、なんともうんざりする今日この頃。

先日の釣りも、バラシまくったのがやっぱり悔しい(フライに出せた部分は流石と自分を褒めるけど)が、実は原因は先週の切った右手人差し指の怪我だったのではと今頃思っている。
ティペットの結びも甘くなるし、ライン捌きも悪くなるし。

この前初めて川越に行った際にとある刃物店で偉く切れる包丁の出会った(大根の試し切りさせてもらった)。
その時はなんとなく我慢したのだけれど、あの切れ味は手に残った。

で、愛用のZWILLING J.A. HENCKELSのダマスカス模様のを研いでいる時に、ちょっと間違って指先を結構深く切ってしまった。
まぁ傷自体はキズパワーパッドのお蔭で、昨日からは何も貼らずにいられるまでには回復した。

そんな思いもしながら研いだ包丁だけど、やっぱりあの切れ味ではない。
悔しいので今日買ってきた。
P4090298.png
川越の「町勘(まちかん)」

この店の若者(跡継ぎ?)から感じる刃物好きオーラが好ましい。知識があるのに(腕も)押しつけがましくない。
おまけのクレンザー(錆びた時の錆落とし)も雰囲気ある。
P4090300.png

切れ味だけど、とてつもなく切れる。ずげー。楽しい。
釣り具もそうだけど、良い奴は雰囲気がある。

PageTop