FC2ブログ

東斎釣獣戯画

ラフィア(ファジーウイング)メモ

この春から本格投入の、ラフィアをウイングに使ったいわゆるDDパターン。
ヴェインファイバーのバージョンと比べて、釣果に差があるかと言われると無いと思うけれど、使ってて楽しいから結んでいる。

P3031814.png


ので、私のラフィアDD試行錯誤メモ。

1.牧さんのページを見てまねて巻いてみる。→綺麗にウイング型に切るのが面倒。特に酔っ払った状態では無理(タイイングドランカーです)。手間の割にすぐに千切れる。

2.扱いやすくするためドライワックス塗ってみる。→良いじゃん。採用。

3.フロータントに漬けこんでみる。→いろんな意味でイマイチ。

4.薄いので2枚重ね。→島崎氏のフライトーン等塗ってPPのフィルムを張り合わせる方法をやってみるが、くっつかない(多分浸透するから?)。他に良い接着方法思い浮かばず。

5.そもそもウイング型に成型しても、スピナーじゃないんだし、濡れた時のトロトロ感が良いんじゃね?と、ねじってみる。→昨年エントリーの初期型失敗作。濡れると元に戻る(「おじゃん」と言う昭和の言葉を思い出す)。

6.ねじった先端だけほんのちょっと瞬着付けてみる。→おっ、良いじゃん。5の状態の奴と比べると、雲泥。

巻くのも楽だし、何より丈夫。唯一ムツカシイのは、元々吸水性の良い素材をねじっているだけに、瞬着を「ほんのちょっとだけ」付けること。

↓こんなのになって欲しい。濡れた状態の良い感じの写真が撮れてないけれど、現場で見てみても悪くない(今の所)。
P4201734_2.png
兎に角溺れて欲しいのだ。

書いてみると我ながら暇だな・・・・。
だけど、この諸々忙しい中、無理して作った時間で、こんな下らない事をしている時間が愛おしいのだ。

ちなみに、同じようなので、CDCをウイングにして先端を接着するパターンは巻いたことも今のところ巻く予定も無い。なんだろ、そこがCDCの理由がイマイチ理解できていないから。


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する