FC2ブログ

東斎釣獣戯画

続けること

そう言えばもうちょっとでまた歳を取る。

で、突然思い出した。そう、30年以上前、高校生になったばかりの誕生日前後で私はフライの道具を手に入れ、晴れてフライフィッシャーマンとなったのだった。
キラクの振り出し式のフライロッド、シェイクスピアのリール、3Mのコンセプトと名付けられたフローティングライン。今、気が付いたのだけどどれも手元に無い。うーむ。

年数だけ思えば、良くまぁ続いたものだと思うけれど、実際はやめよう、もうおしまいなんて思ったことが無い。炎天下の中、はたまた蒸し暑い中しとしと降り続く雨の中、魚の気配すら感じられず終わった一日でも、また次、と今日に至った。
続けることが凄い事だとは思はないけれど、続けたことで色んな事を教わった。
人は見たいことを見る、とか、良い思い出に引きずられる、とか。

で、今シーズンのこれからが問題だ。
この土日も凄い暑かった。釣りに行く気力も削がれた。
それでも次を夢見てタイイング。
関東近郊の渋いのを狙って小さいのか、はたまた東北の涼しい深い渓を思っての大きめのか。

中途半端に#14のパラシュート。
P7090090.png

ボディはこの間のトビ。
終わらせることなんか簡単だ。ちょっとの間目を閉じれば良い。マーロウも、さよならはちょっとの間死ぬことだと言ってるし。

ただ落ちた羽も、僕が拾い、針に巻くことでまた何かに続くのだ。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する