FC2ブログ

東斎釣獣戯画

T沼20170727

48年も生きていると、何をやってもダメな時があることを勿論良く分かってる。基本、そんな時はじっとして悪い波が去るのを待つのを覚えたのは、もう随分前の事。
だけど、そろそろもうそんなのんびりとは出来ないかな、と。やれる時にやっとかないと。

ダメならダメなりにやってみようとT沼へ。二ヶ月ぶり。
何故か先週位から痛み出した背中と、最近調子悪い胃(多分また潰瘍)。我ながら良くやる。

13:00実釣開始。暑い。今回は何時もより下流の区間。河原に降りてティペット結んだだけで大汗。ぼーっとする。
川は最近ちょい大水があったらしい痕跡が。

で、兎に角バラす。魚はいる。サイズも悪くない。でも我ながらダメダメだ。スレてるのは確かだけど、言い訳にはならない。ちゃんと出てくるし。
更に、何度もコケる。3回半沈。汗で濡れて、川の水でも濡れて。・・・・・とほほ。

で、やっと。
P7270169.png
小さ。

その後も良い感じのは悉くバラしたり合わなかったり。
いつも以上に後ろの木に引っかかるし、ラインは絡むし。途中何度もキレれそうになる。

それでも今までの人生で学んだことは、ダメな時は、とりあず何でも丁寧にする事。
こまめにティペットをチェックし、ウインドノットがあれば結び替えるし、蜘蛛の巣が絡めば地道に取るし、絡めばティペットごと交換したり。
報わるかどうかなんてどうでも良い。することが大事なのだ。

で、そんなこんなを4時間半も耐えて。
P7270177.png
やっと。嬉しい。

ちょっとロングキャストでタテパク。
P7270182.png

これで悪い波も去るかと思ったけれど、脱渓時に茂った雑草に隠れた側溝にはまり、脛を強打。ちょっと泣く。
勿論イブニングもハッチもライズも何も無し。そんなもん。

何とか無事に家に帰れたので、まぁ良しとする。次があるのだ。


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する